TOP > 利用規約

第1条 (規約の適用)
株式会社ダイレクトクラウド(以下「当社」といいます)が提供するeCataサービス(Wisebook Cloud、Wisebook 制作代行)(以下「本サービス」といいます)をこのサービス利用規約(以下「規約」といいます)に従って本サービス契約者に提供します。

第2条 (サービスの定義)
当社が管理するインターネットに接続されたコンピュータ機器(以下、「サーバー」という)の全部あるいは記憶装置のデータ領域と、電子ブック作成アプリケーション(以下、「本システム」という)を組み合わせ、電子ブックの作成及びリンク表示機能を利用していただくサービスです。

第3条 (本サービスの種類および利用料金)
当社サービスの料金は下記の項目からなり、別途提供するサービス料金表に基づくものとします。
1)制作費用
契約者が成果物を引き受けるにあたって支払う代価として、本サービスで別途定める細目からなります。
2)サービス月額費用
契約者が当社サービス利用の対価として支払う費用で、本サービスで別途定める細目からなります。
3)料金起算日
当社サービスの料金起算日は第8条の本サービスの開始より起算します。

第4条 (本サービスの提供)
1)本サービスを利用しようとするものは、本規約を承認の上、当社所定の手続きに従い、本サービスの加入を申し込み、当社がその加入を認めたときに申し込みが成立します。当社は、本サービスの利用に必要な接続アカウントなどを契約者に貸与し本サービスを提供します。次のいずれかに該当する場合には、当社は申し込みを承諾しないことがあります。
(1) 契約者が、サービス料金等の支払いを怠り、又は怠るおそれがあると当社が判断したとき。
(2) 契約者の申し込みを承諾した場合に、当社の業務の遂行又は本サービスの提供について著しい支障が生じるとき。
2)契約者は、契約者の氏名、商号、代表者又は住所等に変更があった場合、申込書の内容について変更が生じた場合、または提供を受けようとするサービスの内容を変更しようとする場合には、当社所定の手続きに従い、変更事項を当社にデータまたはFAXで提出することによって変更が成立するものとします。

第5条 (本契約期間)
本サービスの契約期間は、申し込み成立の日から本サービスの種類毎に定めた期間とし、期間満了の1カ月前までに当社及び契約者のいずれからも契約を終了する旨の申し出なき場合は更新されるものとし、その後も同様とします。契約期間の中途で解約(使用を中止)する場合も契約者が支払った料金の払い戻しは行いません。

第6条 (データの取扱い)
1)契約者は、当社が貸与した接続アカウント(以下「ID」といいます)及びパスワードの管理、使用について責任を持って管理するものとし、第三者に譲渡、貸与、売買、開示、質入れなどすることはできません。
2)契約者は、当該IDおよびパスワードなどの管理不十分又は第三者の不正使用等に起因するすべての損害につき責任を持つものとします。
3)契約者は、当該IDおよびパスワードなどが第三者によって不正に使用されたことが判明した場合には、直ちに当社にその旨を連絡するものとします。
4)契約者は自己のデータ領域内でなされた一切の行為及びその結果について、当該行為を自己が為したか否かを問わず、一切の責任を負うものとします。
5)当社は契約者が登録したデータにつき、何らの保証も行わず、その責任を負わないものとします。
6)契約者は、自己のデータ領域内での紛争、または自己の使用するドメイン名に関する紛争等は自己の責任において解決するものとし、当社またはその他の第三者に何らかの被害、または何らの損害等も与えないこととします。
7)データが本規約第7条、若しくはそれに準ずる行為と当社が判断したときは、当社は契約者の承諾なく当社のサーバー内の該当するデータの全部または一部を削除することができるものとします。
8)契約者に犯罪の被疑事実があり、裁判官の発する礼状により、データが特定され開示するよう求められた場合に、当社は契約者の承諾なく当該データの全部または一部を開示することができるものとします。

第7条 (禁止事項)
本サービスにおいて、次の行為は禁止します。
(1) 本サービスの提供を受ける権利を他人に譲渡すること。
(2) 他人の著作権その他権利を侵害する行為。
(3) 他人のIDおよびパスワードなどを不正に使用すること。
(4) 他の利用者または第三者に迷惑、不利益を与える等の行為、本サービスに支障をきたす虞のある行為、その他当社が不適当としたもの。
(5) 誹謗、中傷、わいせつなど公序良俗に反する行為。
(6) その他法律に反すると判断される行為。
(7) 有害なコンピュータプログラム等を送信または書き込む行為。

第8条 (本サービスの開始)
本サービスの開始は、契約が成立し当社が送信するサービス開設通知書若しくはインターネットメール及びWEB上での通知においてサービス開始日と併せて料金起算日として記載した日をいいます。

第9条 (サービスの中止)
1)当社は次のいずれかに該当する場合には、本サービスの提供を中止することがあります。
(1) 本サービスの提供のために必要な設備の保持又は工事上やむを得ないとき。
(2) 当社が利用する通信回線、電力などの提供に中断が発生したとき。
(3) 理由の如何を問わずサービスの提供が困難になったとき。
2)当社は、前項(1)号の規定により本サービスの提供を中止しようとするときは、事前にその旨を契約者に、当社の定める方法で通知します。但し、緊急時またはやむを得ない場合及び前項(2)号、(3)号においてはこの限りではありません。

第10条 (サービスの停止)
当社は次のいずれかに該当する場合には、本サービスの提供を事前の催告をすることなく停止することがあります。
(1) 契約者が当社に対する支払いを期日までに行わなかったとき。
(2) 本契約の申込書の記載内容に虚偽があったとき。
(3) 契約者が規約上の契約者の義務を怠ったとき。
(4) 本サービスの提供に著しい支障を及ぼすと認められる事情が生じたとき。
(5) 契約者が第7条の禁止事項を行ったとき。
(6) 契約者が、仮差押、差押、再生手続、破産、会社更生等の申立をし、またはこれを受けたとき。
(7) 契約者が日本及び他各国で定められた法律に反する行為を行ったとき、若しくは過去に同様の行為を行っていたことが判明したとき。
(8) 契約者が第三者に対して迷惑行為を行ったとき、若しくは第三者から契約者に対して抗議があったとき。
(9) その他当社がやむを得ないものと認めたとき。

第11条 (サービスの制限)
1)当社は、天災、事変その他の非常事態の発生により、通信需要が著しく輻輳し、通信の一部または全部を接続することができなくなった場合には、公共の利益のために緊急を要する事項を内容とする通信を優先的に取り扱うため、本サービスの提供を制限し、または中止する措置を取ることがあります。
2)本サービスを利用する契約者は、当社の電気通信設備に過大な負荷を生じる行為をしてはならないものとします。このような行為があったときには、当社は契約者の利用を制限することがあり、更に契約者に対して損害賠償請求をすることがあります。

第12条 (サービスの廃止)
1)天災、障害、不測の事故等、当社により復旧が困難と判断された場合、当社は本サービスを廃止または休止することができます。
2)当社は、1ヶ月前までに契約者に通知することで、当社の都合により本サービスの全部または一部を廃止または休止することができます。
3)本サービスの廃止により、契約者が損害を被った場合でも、当社は一切の責任を免除されるものとします。
4)契約者は第10条第1号に基づくサービスの停止がなされてから1ヶ月間に再度、支払いが行われなかったとき契約者のデータまたはその他の情報を消去します。

第13条 (契約者が行う契約の解除)
契約者が本契約を解除しようとするときは、解除しようとする日の1カ月前までに書面により、その旨を当社に通知するものとします。 但し、サービス利用開始後および1年更新後、契約期間内に解除する場合は、残存契約期間についての月額費用を当社に支払うものとします。 その場合において、解除の効力発生前に発生した契約者の債務は、本契約の解除後もその債務の履行があるまで消滅しません。また、契約者から既に支払済みとなった料金等については、当社は、一切払い戻しをしないものとします。

第14条 (当社が行う契約の解除)
1)当社は契約者が規約に違反し、当社がその是正を催告した後30日以内にかかる違反が是正されない場合には、その契約を解除することができます。また契約者が規約に違反し、その違反が当社の業務遂行に著しい支障を及ぼすと認められるときは、催告をせずにその契約を解除することができます。
2)前項の規定により契約が解除された場合、契約者はその利用に係わる当社に対する一切の債務につき期限の利益を喪失し、残存債務を直ちに全額当社に支払うものとします。また、かかる場合、契約者は、残存契約期間についての月額費用相当額を直ちに当社に支払うものとします。

第15条 (利用料金の支払い)
1)制作費用は、当社のメール若しくは請求書を受領後支払期限までに当社が指定する銀行口座に、支払われるものとします。なお、振込手数料などは契約者の負担とします。
2)月額費用については、月末締めの翌月末払いで当社の指定する銀行口座に支払われるのとします。なお、振込手数料などは契約者の負担とします。なお、「当月」とは第8条の本サービスの開始月日を開始日とする1カ月、並びにそれに続く各月とします。
3)契約者の都合により契約が解除された場合は、本契約が解除されるまで、停止期間中における月額費用を支払うものとします。
4)契約者から当社に支払われた本サービスに関する一切の料金等は、本規約第4条の申込を当社が承諾をしなかった場合を除き、理由の如何を問わず返還しないものとします。
5)契約者が本サービスに関する料金等を支払う場合、支払を要する額は、当該料金等の額に消費税を加算した額とします。

第16条 (データの保管及び消去、管理)
1)当社はサーバーの故障・停止時の復旧の便宜を図るために備えて契約者の登録したデータの複写を保管することがあります。
2)契約者が登録したデータが消失し、若しくは消去されるなどして、契約者が不利益を被った場合でも、当社は何らの責任も負わないものとします。
3)契約者が登録したデータの著作権法上の権利について、当社は保護する義務を負わないものとします。
4)納品完了している場合、また契約期間満了し配信停止している場合、利用容量の保守・メンテナンスのために、何らの補償をすることなく、データ領域に蓄積されている契約者のテキストもしくは画像、マルチメディアを含むすべてのデータを当社の定める周期で削除するものとします。
5)契約者は、本サービスを使用して、アップロードまたはダウンロードする情報について、本サービス用設備の故障によるデータの消失を防止するための措置をとるものとします。

第17条 (当社による編集・出版
当社は、契約者の承諾を得た上で、契約者の情報を再編集して、インターネット、書籍、放送その他の媒体を通じて、発表することがあります。この場合の一切の権利は当社に帰属するものとします。

第18条 (知的所有権)
1)当社の知的所有権において契約者は、本サービスに関連するすべての権利、所有権、および利益が当社に帰属し、当社の権利が国内及び他国の知的所有権法によって保護されていることを認めるものとします。これに基づき、お客様は本サービスおよびそのデータをコピー、転載、改変および変更しないことに同意するものとします 当社の権利には、当社が開発し提供する本サービス、及び本サービスに関連するすべてのソフトウェアに対する権利が含まれます。
2)本サービス上で契約者が作成したコンテンツの著作権は作成した契約者に帰属します。

第19条 (契約者の義務)
1)契約者は本サービスを利用するにあたり、次の事項を遵守するものとします。
(1) 契約者は、当社から発行された番号(以下IDという)及びパスワ−ド管理についてその責任を持ち、その利用により発生した一切の債務について自己の責任において負担するものとします。
(2) パスワ−ドの喪失、盗難の場合には、速やかに当社に報告するものとし、第三者の行為によって起因する全ての損害は、契約者が負担するものとします。
(3) 当社が契約者に貸与したIDが第三者によって不正に使用されたことを発見した場合は速やかに当社にその旨の連絡をいただくものとします。

第20条 (サービスに関する障害)
当社は本サービスに必要な設備を維持管理する責任を負います。但し、何らかの理由でサービスの提供に障害が発生した場合(第9条を含む)、可及的速やかに障害を克服するための措置をとることをもって、障害発生時およびサービス停止における当社の責任のすべてとします。また、当社の都合で本サービスを提供できなくなった場合、契約者に対して速やかにその旨を通知するものとします。契約者は利用料、損害の補償等を当社に請求しないこととします。

第21条 (保 証)
前条は本サービスに関する当社の保証責任(法律上の瑕疵担保責任を含む)のすべてを規定したものです。 当社は、本サービスの提供が中断及び廃止されないことを保証するものではありません。

第22条 (責任の制限・損害賠償)
1)当社は、本サービスを提供すべき場合において、当社の責に帰すべき事由により、その利用ができない状態が生じ、かつそのことを当社が知った時刻から起算して、連続して48時間以上本サービスが利用できなかったときは、契約者の請求に基づき、当社は、その利用ができない状態を当社が知った時刻から、そのサービスの利用が再び可能になったことを当社が確認した時刻までの時間を24で除した数(小数点以下切捨)にサービス月額利用料金の30分の1を乗じて得た額をサービス月額利用料金から差引きます。但し、契約者は、当該請求を為し得ることとなった日から3ヵ月以内に当該請求をしなかったときは、その権利を失うものとします。また、応答(レスポンス)速度の遅いことは、利用ができない状態に該当せず、当社は、応答速度の遅さに対して一切責任を負いません。
2)当社の責に帰すべき事由によらずに本サービスを提供できなかったときは、当社は、一切その責を負わないものとします。
3)当社は、契約者が本サービスを利用することにより得た情報等(コンピュータプログラムを含む)について何らの保証責任も負わないものとします。また、これらの情報等に起因して生じた一切の損害等に対しても、何らの責任を負わないものとします。
4)当社は、理由の如何にかかわらず、契約者が本サービス用設備のファイルに書き込んだ情報が削除されたことに起因して契約者あるいは第三者の損害が生じたとしても、一切責任を負わないものとします。
5)契約者は、本サービスの利用に関連し、他の契約者または第三者に対して損害を与えたものとして、他の契約者または第三者から何らかの請求がなされ、または訴訟が提起された場合、自らの費用と責任において当該請求または訴訟を処理するものとし、当社が相手方とされた場合には、その処理費用の負担を含め当社を一切免責し補償するものとします。
6)当社はいかなる場合にも以下の損害についての責任は負わないものとします。
(1) 特別な事情により生じた損害
(2) 逸失利益
(3) 契約者の情報等の損失により生じた損害
(4) 第三者からの請求により生じた損害
(5) 契約者の過失により生じた損害
(6) 契約者の責任により導入する関連機器に起因して生じた損害

第23条 (通信事業者及び接続業者)
契約者は、本サービスを利用する為に任意の通信事業者ならびにインターネット接続業者と契約するものとし、当社は、通信事業者若しくは接続業者の責に帰すべき事由で本サービスの提供が妨げられたとしても、一切その責を負いません。

第24条 (免責)
当社が契約者に対して負う責任は、本規約22条第1項に規定するものがすべてであり、これを超えて、契約者が本サービスの利用に関して被った利益の喪失、データ損失にかかる損害、財産的損害、信用損害その他一切の損害について、当社は理由の如何を問わず責任を負わないものとします。

第25条(合意管轄)
本規約に関して生じた紛争については、当社の本店所在地を管轄する裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。

制定:平成19年6月1日
改正:平成20年7月4日
改正:平成20年10月20日
改正:平成21年11月12日
改正:平成24年10月22日
改正:平成28年1月4日
改正:平成29年1月25日