Q. データ納品プランとデータ配信プランの違いにについて教えてください。
A. 詳しくは各プランごとの「機能」をご確認ください。
       ・HTML5データ納品プラン
       お客様から素材と制作依頼書をいただき、ご要望に沿ってデジタルカタログを制作してデータを納品させていただきます。
       お客様のサーバー環境でコンテンツを公開するため、ログ解析は、お客様のGoogle Analytics アカウントで行います。

       ・HTML5データ配信プラン
       お客様から素材と制作依頼書をいただき、ご要望に沿ってデジタルカタログを制作して弊社の高性能サーバーで配信します。
       弊社の配信サーバーでコンテンツを公開するため、デジタルカタログを本格的なマーケティングツールとしてご活用いただけます。
       集客アップ/タブレット活用/オフライン利用/ログイン機能を利用した限定公開/プッシュ通知
Q. iPadなどのタブレットで営業ツールとして活用したりし、 社内資料の共有を検討しています。どのプランがおすすめですか?
A. データ配信プランがおすすめです。詳しくは、以下の関連ページでご確認ください。
        ・HTML5データ配信プラン
Q. 自社ホームページで有益なコンテンツを掲載し、訪問者がダウンロード(または、資料請求)する前に、
     フォームを使ってリード情報を獲得したいです。 どのプランがおすすめですか?
A. データ配信プランがおすすめです。同プランの中に、「リードマーケテイング」という機能を利用することによって対応することが可能です。
        ・HTML5データ配信プラン
        弊社よりご要望に沿ってフォームの設定作業から公開、リード情報の獲得後のデータ納品まで代行させていただきます。
        また、弊社よりご提供のログインアカウントを使ってお客様よりて設定作業を行うことで、コストを削減することも可能です。
Q. 前に、フォームを使ってリード情報を獲得したいです。 どのプランがおすすめですか?
A. データ納品プラン、データ配信プランの両方とも対応することが可能です。
       ・HTML5データ納品プラン
       ・HTML5データ配信プラン
Q. 任意のページを指定して開けますか?
A. はい、可能です。eCataのデジタルブック(Wisebook)は、ページごとに URL を持っています。
        例えば、起動時に 10 ページ目を開きたい場合は、以下の要領でリンクを書いてご利用ください。
        http://catalogpod.wisebook.jp/html/kimukoh/7829/#10のように、カタログ番号の下に、#xx と加えてください。
Q. 弊社サイトはレスポンシブなデザインを採用しています。eCataのデジタルカタログは、レスポンシブ対応していますか?
A. はい。eCataがご提供するデジタルカタログは、PCやスマートフォン、タブレットに最適化されたデザインを持ち、
        デバイスごとにCSSを切り替えて表示することができます。
Q. 動作環境について教えてください。
A. 詳しくは各プランごとの「動作環境」でご確認ください。
       ・HTML5データ納品プランの動作環境
       ・HTML5データ配信プランの動作環境
Q. データ納品プランを利用する際に、デジタルカタログを公開するサーバーの条件について教えてください。
A. 通常のWebサーバであれば、Linux系・Windows系どちらのOS環境でも、問題なく公開できます。
Q. レスポンスはどれぐらい速いのですか?
A. ページ起動、ページめくり、拡大縮小、検索操作時の速度は業界トップクラスを誇っております。
       詳細につきましては、関連ページをご確認ください。
Q. CD-ROMで配布する事はできますか?
A. HTML5形式の場合、CDでの配布ができません。FLASH形式のデータのみCD-ROMでご利用いただけます。
Q. デジタルカタログのデータは通常のレンタルサーバで運用できますか?
A. 可能です。
       通常のホームページ用のデータを置けるWebサーバであれば問題なくご利用できます。
       FTPでアップロード頂き、「index.html」ファイルにリンクを貼っていただければ公開できます。
Q. アクセスログ解析は可能ですか?
A. Google Analyticsサービスをご提供しております。
        詳細は以下の内容をご確認ください。

        1. Google Analytics トラッキング コードをお持ちでない方は新規取得してください。
        2. トラキングコードをお持ちの方は、Google Analyticsにログインして、プロファイル設定のページからご確認ください。
        3. Wisebook Publishser(制作システム)にログインして[管理パネル]から[G]ボタンを選択してください。
        4. [Google Analytics 登録]画面が開いたら、トラキングコードを[Google Analytics トラッキングコード]フィールドに入力して
           [OK]ボタンを押してください。
Q. 自社のサーバーで配信したいのですが、必要な空き容量について教えてください。
A. 必要な空き容量は、「PDFページ数×2MB」が目安になります。
Q. CR-PDF(透明Text付PDF)で入力した場合、全文検索やハイライト表示はできますか?
A. はい。全文検索と検索結果のハイライト表示が可能です。
Q. 制作システムからダウンロードしたブックデータをウェブサーバーにアップロードしたが、
     ブック閲覧時に読み込み中のままになってしまいます。何が原因でしょうか。
A. 以下の内容をご確認ください。

        ・ダウンロードしたデータをWebサーバーへアップロードする場合、「バイナリーモード」で転送してください。
        ・Wisebookのindex.htmlファイルは「UTF-8」にエンコードされているにもかかわらず、WEBサーバー側で「Shift-JIS」になっていることがあります。
         まず、index.htmlファイルをテキストエディターで開き、4行目に記載されている記述を下記のように変更し、
         エンコードの種類を「Shift-JIS」に変更して保存しなおしてください。
         <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8">
                                                 ↓
        <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=sjis">

         ・詳しくは、ダウンロードデータ内の「readme.pdf」をご参照ください。