こんにちは。eCata広報担当です。

本日は実際にeCataをご利用いただいているお客さまがどのように電子ブックを活用しているかをご紹介したいと思います。

事例1 : 月1回ご利用のお客さま
電子ブックから月刊誌購読ページへ誘導、GA解析も

eCataでは、月1回発行している月刊誌の電子ブック版を特定のユーザーへ配信し、印刷版の購読へ誘導するほか、掲載商品の購入ページへリンクさせて売り上げアップに役立てているお客さまがいらっしゃいます。

パソコンで商品を見ている女性
パソコンで商品を見ている女性

電子ブックを公開すると、読み手側と配信側それぞれにメリットがあります。

読み手側

  • 雑誌を持ち歩く必要がなくなる
  • いつでもどこでも読みたいときに読める
  • 興味を持った商品をすぐ買える
  • 興味を持ったらすぐ購読できる

配信側

  • 購読の見込みがあるユーザーへのアプローチ方法が増える
  • 商品を手軽に購入してもらえる
  • よく閲覧されているページが分かる(Google Analytics利用)

紙の雑誌を販売するだけでは、どのページが本当に人気があるかは分かりませんよね。

電子ブックを公開すると、読み手側と配信側それぞれにメリットがあります。

読み手側

  • 雑誌を持ち歩く必要がなくなる
  • いつでもどこでも読みたいときに読める
  • 興味を持った商品をすぐ買える
  • 興味を持ったらすぐ購読できる

配信側

  • 購読の見込みがあるユーザーへのアプローチ方法が増える
  • 商品を手軽に購入してもらえる
  • よく閲覧されているページが分かる(Google Analytics利用)

紙の雑誌を販売するだけでは、どのページが本当に人気があるかは分かりませんよね。

eCataにお申し込みの際はGAも活用ください

このように、紙の雑誌やカタログを電子化すると、読み手に多角的にアプローチできるようになるほか、それまで見えていなかった需要や読み手の興味関心が見えてくるようになるのです。
ぜひ電子ブックを商品のアピールや売り上げアップに役立ててくださいね。

不明点はお気軽にお問い合わせください
問い合わせをする
オンライン見積もり
おすすめの記事